史上最年少棋士が師匠から入門時に最初に教わったのは●●の飲み方だった

この前の記事で、藤井四段の26連勝を懸けた戦いが6月15日に行われると書きましたが、その2日後の6月17日にも対局があることを書き忘れていましたm(_ _)m 2局とも勝利した藤井四段は27連勝を達成。 26戦目の瀬川五段との順位戦は私も一部ですが、AbemaTVとニコニコ生放送で観戦しました(スマートフォンで、交互にみました)。 藤井四段がNHK杯の千田翔太六段戦で見せた自陣に桂馬を打つ手とのお株を奪う手を瀬川五段が指していました。 終盤、瀬川五段がこの桂馬の活用を図る手が見事で、藤井四段はあと一歩のところまで追いつめられましたが、瀬川五段が藤井玉を広いところに逃がしてしまい、藤井四段の勝ちとなりました。 さて、この27連勝という記録は歴代2位で、現在の1位は神谷広志八段の28連勝。 つまり藤井四段は次の対局で勝利すれば勝率一位達成、さらにその次も勝てば新記録達成となります。 28戦目の相手は、20戦目にも対戦した澤田真吾六段です。 20戦目では、澤田六段はあと一歩のところまで追いつめたものの、藤井四段が驚異的な終盤力で勝ちを拾いました。 見事な勝利ですが、かなり危なかったとも言えますね。 おそらく澤田六段は、棋士デビュー後公式戦で指した中でも、屈指の強敵でしょう。 果たして藤井四段は新四段にして最多連勝記録達成という快挙を実現できるでしょうか? そして、29戦目の藤井四段の相手は、炎の七番勝負でも対局した、増田四段です。 …

続きを読む

師匠・杉本昌隆七段による藤井聡太四段へのアドバイスや教育方針

今月ももう半分が過ぎましたね^^ まだ先月の「将棋世界」もほとんど読めていませんし、「数学セミナー」の今月号ももう出ているころです。 このブログも、毎回の記事執筆で精一杯で、あまり計画性はないのですが(笑)、将棋世界や数学セミナー連載「詰将棋の世界」のレビューも、シリーズ物(?)として続けていけたらとは思っています^^ さて今回は、前回に引き続き、杉本師匠シリーズ(?)です! 前回は、杉本昌隆先生の、愛弟子・藤井聡太四段の将棋の才能に対する非常に高い評価について書きました。 杉本先生の評価・期待は、中学生にとっては相当なプレッシャーになってもおかしくないほど高いものなのですが、藤井四段はこれに十分にこたえてきており、むしろ杉本先生に優れた先見の明があることを証明するものでしたね。 今回は将棋の能力とかの話からはいったん離れ、「盤外編」でいきたいと思います。 この「盤外編」というのは私の造語で、将棋盤の外の話、つまり将棋の勝負や技術以外の話をしよう、というような意味を込めています(笑)。 プロの将棋棋士としてのふるまいなどの観点から、杉本先生がどのように藤井四段を指導・教育しているか、というようなことが分かる話を書きますので、お読みくだされば幸いです(_ _) 炎の七番勝負のときの藤井聡太四段のデビュー戦からの進歩 (棋士としての所作の点での) 将棋は日本文化と結びついている、というような話を以前このブログでよく書いていましたね。 タ…

続きを読む

藤井四段を高く評価する師匠・杉本昌隆七段の発言(炎の七番勝負第1・2局より)

ブログを見に来てくださりありがとうございます。 今週も将棋ファンにとっては楽しみな対局が行われますね。 まず注目なのはもちろん、藤井聡太四段の対局ですね! 6月15日は、藤井四段の公式戦26連勝がかかった対局が行われるということで、考えるだけでなんだか緊張してきます(笑)。 26連勝のかかった勝負の舞台も、プロ棋士のランクを決めるリーグ戦である順位戦ということです。 順位戦は将来名人になるために勝ち進まなければならない棋戦でもあり、まさに歴代最高の連勝記録である28連勝への挑戦にふさわしい舞台といってよいでしょうね^^ 対戦相手は、瀬川昌司五段で、奨励会を年齢制限のために退会した後、アマチュアの大会で実績をあげ、将棋連盟の特別規定によりプロ棋士デビューを果たした人です。 ところで、藤井四段が1日で3勝して23連勝目を達成した上州YAMADAチャレンジ杯での3戦目の相手は、今泉健司四段に勝った宮本広志五段でした。 この今泉四段は、瀬川五段が前例をつくった特別規定によりプロ棋士デビューを果たした棋士で、もしも藤井-今泉戦が実現していたら、史上最年少デビュー棋士と戦後最年長デビュー棋士との対決となっていたのだそうです。 最速でプロデビューした棋士と、まわり道をしたものの、実力を認められてデビューした棋士との対戦というのに興味があって、実現したら是非注目したいと思っていました。 上州YAMADAチャレンジ杯では藤井-今泉戦は幻に終わったわけですが…

続きを読む