藤井聡太四段が3連覇の詰将棋解答選手権とは ルールその他

今回は、詰め将棋選手権大会についてです。史上最年少で将棋のプロ棋士デビューして有名になった、藤井聡太四段が3連覇中の詰め将棋選手権大会について調べてみました。

詰将棋解答選手権のレベル分け

詰将棋解答選手権とは、日本将棋連盟と詰将棋パラダイスが主催する詰将棋の大会です。今年、2017年で第14回となります。詰将棋解答選手権と藤井四段は同い年なのですね^^


この大会は3つのレベルに分けられています。

  • チャンピオン戦
  • 一般戦
  • 初級戦
日程は、初級戦・一般戦は同じ日に開催ですが、チャンピオン戦は別日程です。2017年のチャンピオン戦は3月26日に行われました。初級戦・一般戦は今週の土曜日、4月8日に開催です。

藤井聡太四段やA級棋士も参加のチャンピオン戦

詰将棋解答選手権チャンピオン戦のルール

チャンピオン戦は、第1ラウンドと第2ラウンドに分けて戦われます。ルールは単純で、詰将棋の問題のセットが出場選手に出題されます。どちらのラウンドでも、39手以内の問題が5題出題されるそうです。


詳細なルールは今回確認しきれませんでしたが、競技では、詰将棋を解く正確さと速さが競われるそうです。選手達は、解答用紙に自分の答案を書いていき、解き終わったら提出して退席します。「速さ」は、この退席のタイミングで評価されるようです。


選手達が提出した答案は採点されます。完全に解けていなくても、部分点が与えられるようになっています。基本的には、合計点が高い人が優勝するようになっているようです。

チャンピオン戦の開催会場は東西に分かれている

チャンピオン戦は、大阪会場と東京会場で開催されます。それぞれ独立に大会を行うのではなく、東西会場の出場者全体の中での順位が出されます。ライバルは同じ会場の選手だけではないわけですね。

チャンピオン戦の出場者にはA級棋士も

チャンピオン戦は、藤井四段が優勝していることから分かるように、プロ棋士も出場します。以下の内容は、先日の第14回大会のメンバーについてです。

斎藤慎太郎七段や佐々木勇気五段といった、プロ棋戦で高勝率を誇る若手も出ています。


さらに驚くべきことに、A級棋士の行方尚史八段や広瀬章人八段も出場しています。特に広瀬八段は75期A級順位戦でトップ争いをするという活躍が記憶に新しいですね。


トップ棋士を含むそうそうたるメンバーをおさえて藤井四段は優勝していますので、如何にめざましい活躍であるかが分かります。


この他に、奨励会員や女流棋士、アマチュア強豪に詰将棋作家なども出場しています。それぞれ立場の違う人達が、詰将棋という共通の目標に真剣に挑んでいく姿が想像され、熱いものが感じられます!

詰将棋解答選手権初級戦・一般戦 ルールや開催場所など

初級戦・一般戦の開催場所

チャンピオン戦は会場が2つだけでしたが、初級戦・一般戦は全国16会場で行われるそうです(2017年)。

  • 北海道 札幌
  • 山形県 天童
  • 埼玉県 熊谷
  • 埼玉県 さいたま
  • 千葉県 船橋
  • 東京都 渋谷
  • 長野県 松本
  • 岐阜県 高山
  • 静岡県 静岡
  • 愛知県 名古屋
  • 滋賀県 大津
  • 大阪府 大阪
  • 岡山県 倉敷
  • 広島県 広島
  • 福岡県 春日
  • 長崎県 長崎

全国各地で開催、という感じで、素晴らしいですね^^

初級戦・一般戦のルール

初級戦では、1から5手詰を6問、40分で解きます。一般戦では、5から15手詰を6問、1時間で解きます。これくらいの手数・所要時間なら、気軽に参加しやすいですよね^^


初級戦の後に一般戦が開催されます。必要なものは、筆記用具です。解答中は電子機器の電源を切るきまりになっています。


盤駒を使って良く、会場によっては貸し出しもあるそうです。自分のものを持ち込むこともできます。盤面を他の出場者の人に見られたりしないのでしょうか(笑)

2017年度の詰将棋解答選手権初級戦・一般戦

チャンピオン戦は先日終了しました。2017年度の初級は4月8日(土)に開催です。申し込み締め切りは4月1日でしたが、延長している会場もあります。

2017年度の詰将棋解答選手権初級戦・一般戦で申し込み締め切り延長した会場

  • 札幌
  • 天童
  • 熊谷
  • さいたま
  • 渋谷
  • 松本
  • 静岡
  • 名古屋
  • 大阪
  • 広島
詳細な締め切りや連絡先、当日飛び入りの可否などは、詰将棋解答選手権のブログでご覧ください。一番締め切りの早い東京会場は4月5日までにメール申し込みが必要です。

まとめ

詰め将棋選手権についてまとめてみました。今年で14年目ということですが、初級戦・一般戦の開催会場も増えてきているみたいですので、今後ますます発展するでしょう。


日本が世界に誇る将棋文化の一端として、今後この大会が伝統を確立していくことになると思います。チャンピオン戦で今後誰が活躍していくか、プロ棋戦と同じくらい興味深いです。


また、初級戦・一般戦なら将棋ファンにも参加しやすいので、腕試しに参加を検討されてみるのもよいでしょう^^